消費者金融と銀行のカードローンは、残高スライドリボルビング方式を採用している返済方法が多いので、借入残高が減ると最小支払額が合わせて段階的に減って行きます。
一見良さそうに見えますが、元金の返済額が減っているので、利息の支払総額が毎月定額払いを続けている場合よりも増えてしまいます。
そこで、カードローンの支払いでは、随時返済を併用することで完済を早めることが良いとされているわけです。
カードローンの返済を行なう際には、随時返済を行っても事務手数料が掛からないので、フリーローンとは異なり手軽に随時返済を行いやすい環境にあります。
金利が一定の状況下では、借入残高が減っても返済額を一定にしたまま下げなければ、返済額のうち元金が増えて利息分の支払いは少なくなります。
元金が減るほどに完済までの支払い回数を削減することが出来るので、結果として総利息を抑制出来るわけです。
残高スライドリボルビング方式は、金融業者側にとって利息を最大限取ることが出来る方法ですから、一見すると最小支払額が段階的に下がることは、利用者の立場からは返済が楽になって良いことと勘違いしやすいです。
リボ払いは、支払総額の計算が複雑になりやすいので、総利息が増える結果となっても意外と気がつかないことに注意を要します。